敏感肌じゃなくても肌に優しいコスメは気になります。
誰だってお肌に負担をかけたくないですからね。

コスメを選ぶ時に一番悩むのは化粧水ですか?それとも美容液?
私の場合はクレンジングを選ぶのが一番迷ってしまいます。

というのも、クレンジングってタイプによって一長一短でしょう。

良いポイントと悪いポイントを天秤にかけて
良いポイントが多ければそれで満足しないといけないのか?
完璧なものなんてあり得ないのだから・・諦めるしかないのかな。

どこか満足できない部分に目をつぶりながら使っているのです。

本当に肌に優しいクレンジングをいつか見つけてみたいですね。

それにはやはり、色んなクレンジングを使ってみることです。
同時に数種類を使い分けるのも違いがわかりやすくてイイですよね。

クレンジングの場合はメイク落ちや洗い上がりの肌の様子が
すぐにわかるので基礎化粧品のように使い続けないと効果が
分かりにくいということもないのですから。

現在、我が家の洗面所には3種類のクレンジングが並んでいます。

オイルクレンジングとミルククレンジングとリキッドクレンジング。
どれも低刺激なことが評判になっているものばかりを選びましたが、
ミルククレンジングが今のところ肌に優しいことがわかりました。

メイク落ちではオイルに劣るという弱点もあるので完璧ではないですが。
ミルクよりももう少しメイク落ちを期待して次はクリームクレンジングを
色々使ってみようと思います。

肌に優しいクレンジング探しの旅はまだまだ終わりそうにありません。

誰でも簡単 手作りクレンジングに挑戦!

肌荒れしやすいデリケートな肌をやさしく癒してくれる
コスメを探すのが趣味のようになっています。

でも、上には上がいるものですね~。

自分でクレンジングを作っちゃう人がけっこういるんですって。

手作りクレンジングのレシピで検索してみると
続々と出てきました。

難易度が高いものは無理だけど初心者でも簡単なレシピを
分かりやすく載せているブログを見つけました。

ただ、自分の肌に合うもの、合わないものを分かっている人なら
材料を揃えることに迷いはないでしょうけど、
そこまで詳しくない人には材料を選ぶ段階で混乱してしまうかも。

材料はどこでも手に入るもので作ることになると
中身にこだわる段階にたどり着くまでかなり経験が必要です。

挑戦してみようか迷っていたのですが、とにかく一度作ってみようと
材料の調達をはじめてみました。

グレープシードオイル、アーモンドオイル、オリーブオイルなど
植物オイルがベースになるのですが、これはスーパーでも手に入ります。
あとはアロマです。
ベルガモットやラベンダーなども手に入りやすいのでOKでした。

問題なのはグリセリンとか精製水とか精製シアバターとか乳化剤とか、
どこで売ってるの?途方に暮れてしまいそうでしたが、
なくわからないものはネットで購入できたのでこれも何とかクリア。
思ったよりも簡単に材料は揃いました。

レシピを見ながら作れば、思ったよりも簡単に出来上がりました。
手作りクレンジングはミルクタイプやオイルタイプだけじゃなく
クリームタイプも作れるそうなのでこれからどんどん挑戦してみたいな。

好きな香りで作れるし、肌の負担も少ないし、
市販のオーガニッククレンジングを買うよりずっと安上がりで
嬉しいことが満載です!!