鏡を見るたび、素肌に目立つ毛穴にため息をついていませんか?
どうして私の毛穴はこんなに大きく目立つのかしら・・と。

実は毛穴の大きさは、みんな大差なく、変わらないもの。
違いは、中に詰まってしまった汚れの量にあるのです。
  

ピーリングとは?洗顔よりも効く理由

肌のくすみ、毛穴トラブルで悩む人に
お勧めできる方法のひとつが、ピーリングジェルでのケア。
女性であればコスメショップやスキンケアカタログで、
一度は見たことがあるかと思います。

洗顔と違うのは、ピーリングジェルが、
古い角質まで巻き込んで、即!落としてくれるということ。

ピーリングジェルを素肌に乗せ、クルクルとマッサージをすると、
20秒もすれば消しゴムのカスのようにポロポロと汚れが浮き出てきます。

これが、ジェルが絡め取ってくれた古い角質や、毛穴汚れなのです。

使用後の素肌の触り心地は、
ビフォーアフターのように明確に違いがわかります。

即効性があるので、明日は大事なデートなのに
毛穴がボツボツ・・洗顔では落ちない!!
という時にもオススメです。

ピーリングの効果的なやり方は?

洗顔と同じように、お風呂でピーリングジェルを使う方が多いと思います。
その際にのポイントは、手や顔が濡れる前、
つまり浴室に入ってすぐにピーリングを行うこと。

ピーリングジェルは、少しの水でもすぐに薄まってしまうため、
手や顔が濡れていると、いくらマッサージしても汚れが落ちにくく、
効果も出にくいんです。

保管場所も要注意です。
お風呂に置きっぱなしは控え、水気のない場所で保管しましょう。

また、ピーリングは強力に汚れや角質を落とすため、
ピーリング後の洗顔は軽く優しくしましょう。

洗顔もしっかりしてしまうと、
必要な水分、油分まで落としてしまい、
乾燥による毛穴の広がりを招いてしまう可能性があります。

ピーリングの意外な利用場所。使い道は顔だけではない

ピーリング
ピーリングを週2・3ペースで顔に使い続ければ、
目に見えて毛穴が小さくなっていくのが分かります。
ダイレクトに汚れを落としてくれるので、効果も早いのです。

また、エステサロンで薦められる、
ピーリングを使う意外な場所のひとつに「ワキ」があります。
ワキは毛穴が多く、汗もかくので汚れが溜まりやすい場所のひとつ。

ワキの毛穴が炎症を起こし、
埋没毛になった経験のある方もいるのではないでしょうか。

こんな時、顔と同じようにワキにもピーリングをしてみましょう。
黒ずみが落ち、毛穴が目立たなくなるので、
ノースリーブが堂々と着れるようになるのです。

まとめ

いかがでしょうか?
顔も身体も毛穴の奥からキレイになれるピーリング。
スペシャルケアとして、取り入れたいですね。