スキンケア

毛穴、角栓はどうして出来るの?

毛穴が目立つ 角栓が黒ずみいちご鼻になってしまう、
等の悩みを持っている方は沢山いることでしょう。
毛穴ケアのパックやマッサージ、小鼻の周り用のパックやゴマージュなど 
色々なケア化粧品が売られていますが 
いまひとつ改善しないという声が数多く聞かれます。

まず毛穴、角栓はどうして出来るのか皮膚生理学からみてみましょう。

毛穴が開いてくるのは、こすりすぎが上げられます。
毛穴の中心部には小さな尖った皮膚が突出しており、
肌を強くこすることで 先端が削れ傷つきます。
するといちごの種のような角栓ができ、
またこすると角栓はさらにおおきく露出します。

こうして繰り返されるダメージで、
毛穴は少しずつ 大きくなります。
そして毛穴の皮脂が空気に触れ酸化すると 黒いぽつぽつ、
いわゆるいちご鼻になってしまうのです。

又 肌に合わないスキンケア製品を使うことで 
毛穴の周りには眼に見えない炎症が生じてしまいます。
炎症はコラーゲン繊維を溶かしてしまいます。
これにより毛穴はクレーターのように陥没して 開いてしまいます。

洗いすぎでも毛穴が開きます

美肌には何をおいても 洗顔と思っていませんか?
洗顔も過度に行えば 毛穴を開かせることになります。
脱脂力の強い クレンジング剤や石鹸は汚れだけでなく 
皮脂も取り去ってしまいます。

すると皮膚は 失った皮脂を補うべく、
さかんに皮脂を分泌するようになり 皮脂腺を発達させます。
皮脂腺は毛穴の下の部分にありますので、
皮脂腺が発達すればそれだけ毛穴もひろがってしまうのです。

洗いすぎで 皮脂腺が活発になればニキビもできやすくなり、
ニキビ跡がクレーターのようになったり、
化膿性のニキビは色素沈着を起こす場合もあります。

肌にとって大切な皮脂も多すぎれば様々なトラブルの元になります。
石鹸やクレンジングを使うのは、夜のみにします。

肌は本来美しくなろうとしています

クレンジング
肌は自ら再生力をもっているということに 
気づいてあげることが大切、ということです。

美肌の為に熱心にスキンケアをしていることが、
逆に皮膚生理学的には肌にダメージを与えることがあります。

まず 洗顔は、朝はぬるま湯で睡眠中の汚れを優しく洗う、
夜はメイクを優しくおとし 石鹸の泡で包みこうように洗う、
これを心がけるだけでも違ってきます。

又クレンジングは一般的に脱脂力の強いものが多いので、
石鹸のみで落とせるファンデーションを選ぶと良いです。
ウォータープルーフタイプでなければ
大抵のファンデーションは石鹸洗顔のみで落とせます。

洗顔後のスキンケアもなるべく強くこすらないようにつけます。
又、休みの日など ノーメイクで過ごした時は、
夜の洗顔も石鹸を使わず ぬるま湯洗顔で十分です。